放射能検査をしている牛乳、野菜の宅配サービス①

放射能汚染から子供や自分の身を守るため、
宅配サービスを利用して牛乳や野菜などを購入しようと考えている方は多いと思います。

今、知りたいのは、加入時(契約時)にいくらかかるか?送料はいくらか?より、

その宅配サービスがきちんと放射性物質の検査をしているか?

また、どのような機器を使って頻度はどの程度なのか?

検査結果の検出限界値がいくつなのか?

チェックする部分はこのあたりだと思います。

 

震災直後は、どこも国の基準に従うというようなことを言っていましたが、
現在は独自の自社基準を設けている会社が増えている気がします。
緊急時の暫定基準値の食べ物など誰も口にしたくはないですからね。

 

よく名前を見かける宅配サービスをチェックしてみます。

オイシックスについて

オイシックス

自社の配送センターで毎日全アイテムの検査を行っている。
外部検査機関と連携し、ゲルマニウム半導体検出器などを用いた検査も実施

具体的な検査方法は・・・

①ホームページには商品の表面の測定している写真があります
②シンチレーションサーベイメーターJB4000型で検査
③②で放射性物質が確認された場合はγ線スペクトル分析装置で検査する

オイシックスが掲げている、「全アイテム」を「毎日」行うというのは簡易検査でなければできないことでしょう。
より安心というベビーキッズ商品に関しての検出限界値が5~10Bq/kgです。

私個人の現在の意見は、検査結果を重視するより、いっそのこと、西日本、九州産の取り扱いが多いかどうかで決めた方がいいかも・・・。(いえ、もちろん検査をしているということは必要であり今後はどこの企業でもして欲しいと思っています)

 

木次乳業(島根県)の良質の牛乳などや、兵庫県の納豆、山口県のお魚ソーセージなど欲しいものがありました。
どのくらい、自分が欲しいものがあるか、よく吟味してみるといいでしょう。
オイシックスのお試しセット

オイシックスの公式サイトはこちら



Sponsored Links

このページの先頭へ